RECRUITnews

  • 千葉健后レストラン「ゼフィロ」キッチン担当
  • KENGO
    CHIBA

目標は上司を超えること。
上司を越えるまでは、自分に満足することはない。

千葉さんの普段の業務内容についてお聞かせ下さい。
キッチン&バー「ゼフィロ」のキッチンで働いています。
だいたいは“ストーブ前”といって、火の通った温かい料理を出すポジションについています。
前菜ではなく肉や魚といったいわゆるメインの料理を作る、和食で言うところの板前的な役割を担っていますね。
とは言っても店の全体をまんべんなく見て、人手の少ないポジションには迅速にサポートに入れるようにはしています。
さらには、ウチにはレストランに併設されたカフェがあるのですが、人手が足りていない時はそっちにヘルプで行ったりもしています。
あとは発注業務や棚卸しなどのデスクワークですね。
千葉さんはずっと飲食業界にいらっしゃるんですか?
僕の場合ちょっと異色かもしれませんが、調理師から美容師になり、そしてまたこのゼフィロで調理師になった、というキャリアなんです。
もともと料理が好きで、19歳の時から浦和のホテルのキッチンで働きだしたんですが、
何というか、自分が他にもやりかったことを試してみたい、という気持ちが膨らんできて。
調理師を続けながら美容師の専門学校に通って資格を取ったんです。で、結局調理師になって1年くらいで辞めて美容師になりました。
そのあと丸々3年以上は美容師を続けていたのですが、そのお店の上司とそりが合わなくて……。
人間関係で悩んでいる時に、調理師の専門学校時代の友人が「せっかく料理ができるんだからもったいないよ。
美容師をしながらウチの店でバイトしないか?」って誘ってくれたんです。そのお店がこのゼフィロだったんですよ。
そこからずっとゼフィロで働いてらっしゃるんですか?
はい。ゼフィロの働きやすさに、やっぱり調理することの面白さが後押ししてまた飲食業界に戻りました。
25歳の時ですね。やはり料理をするのが好きだし、ゼフィロは本当に人間関係がいいんです。
スタッフの意識が高いし、後輩や部下の面倒見もいいんですよね。成長させようとする気持ちが強いというか。
だから最初はアルバイトとして入ったんですが、すぐに正社員登用を志望しました。
ゼフィロの魅力について詳しくお聞かせ下さい。
人間関係の良さと、あとはやっぱり様々なことに挑戦させてくれるところですかね。
僕のキャリアを考えても、ちょっと普通のお店なら任せてもらえないようなことにもチャレンジさせてくれています。
コックって普通は、メインの料理を任せてもらえるようになるまでかなり時間がかかるんですよ。
デザートから入って前菜を経験して……という感じで、ちょっとずつ上にいくしかないんです、大きい店だと。
僕が以前に働いていたところが、ゼフィロとは比べ物にならないくらい規模の大きいホテルのキッチンだったんですね。
スタッフの数も比じゃなくて、そこではずっと一番下の立場でした。上にすごいキャリアの方が何人もいらっしゃって、なかなか上がれないんですよ。
でもこのゼフィロは、この規模のお店にしては個人に任せてもらえる仕事が多いんです。それはもちろん意欲がある人間に限られますけどね。
「やりたい」と手を挙げるならばどんどん任せてもらえる。僕はそういった体制を大きなメリットと捉えています。
千葉さんの目標についてお聞かせ下さい。
この業界って年功序列ではなくて、技術がモノをいうんですよ。
僕としては経験をたくさん積んでキャリアアップしていきたいと思っているので、
そういった意味ですごくいい職場環境なんじゃないかなと思います。
相談できる上司もいるし、その上司が自分を引き上げてくれているという実感もありますし。
その上司というのがすごい人で、調理も現場監督のマネジメントもすべてできる人なんですよ。
その方に恩をとても感じているので、少しでもその方が現場から離れられるようにできればいいと思いますね。
僕にできることが一つでも増えたらその方の負担は減るわけですから。
現場は僕がすべて管理し、監督して回してゆきたいです。僕にとっての目標であり、上司への恩返しは、上司を超えること。
上司を越えるまでは、自分に満足することはないでしょうね。一日でも早く、そうなりたいと思っています。